情緒不安定

日記?

未来と過去、行けるならどちらを選ぶか。 自分は過去に戻りたい。 本当にちょっとした後悔のために過去に戻りたいけれど、その後悔があるからこそ今の生き方が出来ているかもしれない。 そんなことは無いか。

泣いた。 何かされたとかじゃなくて、考えてて泣いた。 もしも実家を離れることになったらとかそんなこと。 周りの人で実家から離れたいと考える人が多く居て、驚いたこともあった。 でもそれは、自分がとても幸せな家庭に生まれたからそういう感情を抱いた…

夢の中に出てくる彼は、自分が喜ぶことを言ってくる。 そんなこと現実で思ってたか知らないし、 もう会えるわけでもないのに。

ふとたまに考えてしまう死という存在。 あまりにも身近な人が死なない限り、なんだか非現実的なものにも思えてしまうけど、実際全くそんなことなどなくて、むしろいつでも起こりうるある意味最悪の存在。 でも人含めどんな生き物も、この死という存在にいず…

後から感じたありがたみ

夢。 夢はその日印象に強く残っていることとか、期待や不満を表すとかなんとか。 そんな夢は「あの頃は良かった」な時の日常風景や、そんな時の「無かった出来事」や「IF」までいとも容易く生成してしまう。 今日はどんな夢を見た? そう聞かれた時、すぐに答える…

暑い。 もう夏なのか。

午後6時。 昼寝というには遅い時間だがあまりの睡魔に勝てそうにはなかったので、昼寝のルーティンとも言えるようになってしまった周防パトラのASMRを聞きながら目を瞑る。 午後7時過ぎ。 目が覚める。しかしまだ眠かったので再度目を瞑る。 1度寝たからか少…

忙しいことは有難いことなのかもしれないが、 体を休ませることが好きな自分にとっては不自由さと苦痛にしか感じられない。 かといって何もすることが無ければ それもそれで自分にとっては苦痛であるし、 何より誰かが努力している中で自分だけ何もしていな…

しばらく書くことが無かった。というよりははてなブログの存在自体忘れかけていた。 リアルが充実し始めると、人はネットの繋がりが控えめになってしまう、いや正しくは控えたいという気持ちを手に入れるような気がした。 でも自分はネットの繋がりを控えた…

気付いたら9月になっていた。 この前は気付いたら夏になっていたのにもう9月に…という気持ちにしかならなかった。 今年は何かしたかな、と考え直しても何も出てこない。 8割以上新型コロナウイルスのせいとも言えるけれど、それでも何もしなさすぎた。 強い…

8月になった。 暑い、暑すぎる。なんだこれは。 干からびる日もそう遠くはなさそうだ。

自分にとって大事な人の愛犬が死んだ。 自分はここの家族でもないので詳細は省く。それが礼儀だと信じて。 その人からしたら、話を聞いてくれるだけで充分ありがたい存在であったのだろうが、 自分としては気の利いた言葉も何も言えなかったし、そばにいて慰…

あんなに雨が降ったり止んだりしていたのに、 綺麗に晴れると最近の雨続きが忘れられるような夏の空だった。 セミも鳴いている。 ついに夏が始まるのか…? なんて思っていたが、雨が止むことはなかった。 しばらく雨は続くのだろう。これは梅雨に含まれるの…

今年は何もかもがめちゃくちゃだな。 正月にはインフルにかかり初詣にも行けず、 コロナが流行り今もなお満足に遊びに行けず、 もう8月になるっていうのに雨は降り続け。 多分この先も色々出来なくなることがあるんだろう。 今年は神様が厄年なのか?

とある芸能人のことがあってこれを書いているわけじゃないけれど、 人間だろうがそうじゃなかろうが、死ぬ時や弱る時は結構急だったりする。 これは自分の経験談も含めて言っている。 元気だったのに突然、なんてことはよくあるのだ。 人間だったらまだ意思…

‪相手が年下なら自分は年上らしく大人の対応を取らなきゃならない(あれこれ考える前に怒ってはならない、冷静でなければならない等) と思う反面、そこそこ信頼してる人にはわがままな面が出てしまうので気をつけなければならないと思う。‬ 親しき仲にも礼儀…

自分は相当な心配性だから仕方の無いことなのかもしれない。 自分が心配性ということは把握しているけれど、自己犠牲な性格でもあるから人よりも自分自身にストレスを与えている、と考えている。 そりゃもちろんのことだけれど、やっぱり自分自身のことで不…

6/19、はてなブログを開設してから4年経っていたらしい。 1人の人を追うため、というか購読するためにアカウントを作成したのだが、もう4年も経っていたのか。 未だにその人はまだ更新してくれているし(元から不定期ではあるが)、自分もタラタラと思いを書き…

自分という人間は、とんでもない程の飽き性だ。 どんな大事な事だろうが関係だろうが、飽きてしまうのだ。 飽きているのか、はたまた現状に満足しきっているのかはよく分からないが。

ふとたまに、タバコを吸いたくなる。 喫煙者の中にはきっとこういうタイプの人は他にもいるだろう。 自分は窓辺で吸ってしまうので消臭剤が欠かせないのだが、消臭剤があろうが臭いがついてしまうことには変わりは無さそうだし、ガムとかそういうもので我慢…

少しだけ、ほんと少しだけ しんどく感じているのかもしれない。 それでも愛しいのだ。 自分一人でいる時間はまだあるのだが、友人と遊ぶ時間は全くというほど無くなってしまった。 それが相手のためになっているのか、喜ばれることなのかは自分には分からな…

記事のタイトル

はてなブログのように 「記事のタイトルを付けなくても投稿できるもの」 は増えているのかもしれないが、タイトル付けは記事を作成する上での醍醐味ではあると思う。 こう書いている自分はタイトル付けがすごく苦手なので、タイトルを付けなくても投稿出来る…

「何かあったら起こしていいよ。」 そういう時ほど声が出ない。 頼りたいけど頼れない。 申し訳ないと思ってしまうのだろうか? 「申し訳ないって思わないで!」と言われても、それに「分かったよ。」と返しても、どこか自分の中では申し訳ないという気持ちに駆ら…

死期が近かったら 「あぁ、死ぬんだなぁ」 ってやはり思うのだろうか。 それとも、あっさり死んでしまうのだろうか。 気付いたら死んでしまっているのだろうか。 死は、恐ろしいものだけど、 死は、よく分からない。

死亡フラグ

「俺この戦争が終わったら…」 っていうヤツ 死亡フラグについて最近思ったことがある。 まず死亡フラグを立てる人は高確率で初めの方で死んでいるイメージがある。 そして「○○の仇!」とか「○○の分だ!」とか言って攻撃して敵を倒す主人公。 主人公が目立って、ヒ…

時間が経つのが早すぎる。 ただそれだけ。 気付いたら5月も終わっているのだろう。

友人に忘れられていた。 自分としては友人と言えるほど記憶に残っており、相手もそうだと思っていた。 いや、正しく言うとそうではない。 自分でも自信を持って友人だった!と言えるような存在だったか怪しいのだ。 ましてやネットの友人で、2年ぶりに見かけ…

ものすごく不謹慎な気もしてしまうが、 「外出を勧められなかったり、何が正しいのかもすらあまり分からなくて、この疫病が去ったところでこの世はどうなるのか」 なんて考えると少しだけこの世の終わりみたいなものを実感させられる。 初めはこんな状況を楽し…

コロナだなんだで考えていた遠出の計画が全て潰された。 別に、コロナのおかげで助かったことも無いことは無いので責めきれないのだが、休みがあっても結局することが無くなってしまったし、家から出る気が起きないのでブルーな気持ちにさせられる。 元から…

最近グラブルばかりしている。 とはいえ未だに十天衆0人、ジョブIVも解放出来ていない超初心者なのだが、途中で放棄していた四天刃のためにまた頑張ろうとしている。 慣れないことを続けるのは精神がすり減るな。